空いた時間でパートを始めるには

パートにおける103万円の壁とは

空いた時間でパートを始めるには
なぜ103万円の壁と言われているのか、妻がパートによって働く場合に気をつけておきたいひとつめのポイントとしては、自分自身によって税金を払っていく必要があるかどうかということでしょう。所得税を計算していく場合には、給与収入より給与所得控除65万円と基礎控除38万円を収入から差し引いていきます。したがって、給料収入に関してはこの二つの控除について足した103万円以下であるならば、全額控除となっていくので所得税に関してはかからないということになります。職場によっては、事前に10%が源泉徴収されている場合がありますので、その年が103万円以下による収入の場合は、確定申告した上で税金を取り戻すようにしましょう。また住民税に関しては少しだけ計算式が異なっており、100万円以下であるならば原則として負担に関してはありません。

そして、もう一つのポイントとしては、夫の節税になっていくということであり、妻の収入については103万円以下による場合については、夫の所得税の対象となっている給与所得より配偶者控除として38万円を差し引いていくことができます。配偶者控除とは、納税者において、収入に関しては少ない配偶者がいる場合において納税者の所得より所得税38万円、住民税33万円による控除を受けられる制度のことであり、配偶者控除を受けていくことによって夫の所得税が安くなっていきます。

Copyright 2017 空いた時間でパートを始めるには All Rights Reserved.